IoTならこれ!サービス同士を連携させてあらたなサービスを生み出す「IFTTT」

ウェブ

IFTTTというWebサービスをご存知ですか。ちなみに読み方は、イフトです。

異なるWebサービス同士を連携させて、新たなことができるようになる夢の様なWebサービスです。「if this then that」の考え方でサービスを組み合わせます。イメージとしては、「this」がきっかけで「that」が行動です。

たとえば「Wordpressで記事を更新したら」(this)「ブログのFacebookページへ投稿(that)」などさまざまなことが自動でできるようになります。

連携できるものはWebサービスだけに限らずIoT関連のデバイスなんかもトリガーにすることができるので、近未来に一歩近づくまさに夢のようなサービスですね。

IFTTTを使ってサービスを連携させる方法

例でもあげた、「WordPressで記事を更新したらブログのFacebookページへ投稿」というAppletを作ってみたいと思います。余談ですが、Appletは昔レシピと呼ばれていました。

手順は、こんな感じです。

  1. IFTTTのアカウントを作成
  2. 「this」=きっかけになるサービスを選択
  3. 「that」=行動先のサービスを選択

IFTTTのアカウントを作成する

では、まずIFTTTへアクセスしてアカウントを作成しましょう。

「Sign up」をクリックします。

メールアドレスとパスワードを入力し、また「Sign up」をクリックします。

しばらくするとトップページに移動します。これでアカウントの作成は完了です。

「this」=きっかけになるサービスを選択する

では、Appletを作っていきます。「New Applet」をクリックします。

まずは、きっかけのサービスを選択します。「this」をクリックします。

きっかけとなるサービスの一覧が表示されます。今回は、「WordPressで記事を更新したら」というのがトリガーになりますので、この中からWordpressを探しましょう。

ちなみに、検索窓に「Wordpress」と入力すればすぐにサービスを探すことができますよ。検索してヒットしたWordpressのアイコンをクリックしましょう。

IFTTTがWordpressを使えるようにするために連携が必要です。「Connect」をクリックします。

すると別ウィンドウが立ち上がりますので、必要な項目を入力していきます。

Blog URLブログのURL
UsernameWordPressにログインするときのユーザーネーム
PasswordWordPressにログインするときのパスワード

無事連携できれば、きっかけになるトリガーを選択するページに移動します。今回は、「Any new post」を選択します。

ちなみにトリガーはWebサービスごとに異なっており、Wordpressの場合は以下の2つです。

Any new post新しく記事を投稿する
New post with tag or category特定のタグやカテゴリーの記事を新しく投稿する

「that」=行動先のサービスを選択する

次は、行動を起こすサービスを選択します。例にならって「that」をクリックします。

すると、行動先のサービスが一覧で表示されます。

Facebookで検索するとふたつアイコンが出てきましたが、今回は、「ブログのFacebookページへ投稿」が目的なので、「Facebook Pages」のアイコンをクリックします。

こちらも同じくIFTTTとFacebookを連携しましょう。

行動を選択します。今回は、「Creat a link post」を選択します。

Create a status messageシンプルな文章のみの投稿を作成
Create a link postリンク付きの投稿を作成
Upload a photo from URLURLから写真をアップロード

次に、「ingredient」と呼ばれる要素を組み合わせてアクションの詳細を設定します。

今回は、Link URLに「PostUrl」でMessageに「PostTitle」というシンプルな構成にしました。設定が完了したら、「Create action」をクリックします。

これもそれぞれのサービスでできることは異なっており、「Facebook Pages」の場合だと以下の6つです。

PostTitle記事のタイトル
PostUrl記事のURL
PostContent記事の本文
PostImageUrl記事内の画像URL
TagsAndCategoriesタグとカテゴリー
PostPublished記事を投稿した日時

最後に、Appletの名前や実行したとき通知するかどうかを設定し、「Finish」をクリックすれば完了です。

さいごに

いろんなサービスを組み合わせることで、アイディア次第では自分だけの新たなサービスを作ることだってできます。iPhoneやAndroidのアプリもあるので、生活により密着した使い方もできますよね。

IFTTT

IFTTT
開発元:IFTTT
無料
posted with アプリーチ

ちなみに、先にサービス連携を済ませておくとスムーズにAppletを作ることが出来るので便利ですよ。サービスの登録の仕方は、こちらで書きました!

参考:IFTTTであらゆるWebサービスをつなげより便利に!チャンネル登録の仕方

[kanren]