すみからすみまでおしゃれな住みたい街ランキング常連のメルボルンに行ってきた

AT HOME GEEK厳選記事はこの3つ!

この記事の所要時間: 452

どうも!オシャレなカフェが大好きなマツモトユウキ(@drying)です。

オーストラリアから帰国するときの話なんですけど、実はメルボルンに行ってました。それもトランジットの間の12時間ぐらいの間だけですが。

当初の帰国のルートは、

ブリスベン  ケアンズ  大阪

だったんですが……

便が欠航になったんです!しかも出発日の2日前ですよ。

メールで連絡が来たんですけど一瞬、迷惑メールなのかなと思って二度見してからの「まじかー」連呼。本当にそんなことあるんですね。

それで実際の帰国ルートはこんな感じに変わり、メルボルンに12時間ほど滞在することになったとさってことです。

ブリスベン ケアンズ 東京 大阪

でも結果的にメルボルンに行けて良かったと思います!短い滞在だったけどそれぐらい楽しかった!

同じオーストラリアとは思えないくらいオシャレな町「メルボルン」

IMG_0850

行ってみて思いましたがなにもかもがオシャレ。

街並みもそうですが人もみんなオシャレしてる。あんまり行ったことないけど表参道みたいやと心のなかでは思いました。ブリスベンとは大違い(あくまで個人の見解ですよ)

シティにはトラムという路面電車が走っています。レトロな雰囲気めっちゃ出てます。なぜ「RESTAURANT」と表示されているかはナゾですが。
IMG_0766

見事にスケジュール通りには行きませんでしたが、以前この記事で書いてた世界遺産ロイヤル・エキシビション・ビルとカールトン庭園にも行きました。

時間がなくて中には入りませんでしたが毎日14時から館内ツアーも開催されているので興味のあるかたはぜひ!僕は外から見るだけで満足でした!
IMG_0805

ロイヤル・エキシビション・ビルとカールトン庭園
住所:Corner Nicholson Street and Victoria Parade, Carlton, Victoria, 3053
料金:Adult $10, Concession $8, Children and Museum Members $7
電話番号:131102
メモ:館内ツアーは要予約。
参考https://museumvictoria.com.au/reb/

あとビクトリア州立図書館もすごかったですよ。中世ヨーロッパとかで出てきそうな感じ。
IMG_0837

室内もどこかこう中世にタイムトラベルしたかのような雰囲気が味わえます。
IMG_0829

また館内にギャラリーもあるので1日中時間つぶせそうですね。もはや図書館というべきか美術館というべきか。
IMG_0824

ビクトリア州立図書館
住所:328 Swanston St, Melbourne VIC 3000
電話番号:03-8664-7000
メモ:館内は無料でWi-Fi使えます。
参考http://www.slv.vic.gov.au/ 

まるで絵本の世界に迷い込んだかのような気分になるブロックアーケード。ひたすらスゲースゲーと言い続けてました。
IMG_0859

アーケードの中には、チョコレート、ケーキやおしゃれな雑貨のお店があるのでお土産を買うのにも最適ですね。カフェもあるので休憩するのもいいかも。
IMG_0860

ブロックアーケード
住所:282 Collins Street, Melbourne VIC 3000
メモ:とにかくおしゃれなんでカメラはマストです。インスタ映えするよ!

メルボルンではいたるところでストリートアートを目にします。
IMG_0910

日々新しいアートが追加されているんですね。
IMG_0898

しばしアートの世界に浸ってみましょうか。
IMG_0921

ゴミ箱さえもアートの一部になります。
IMG_0903

女性がリアルでセクシーでした。
IMG_0908

「しくいとにひいとなせちとかち!」なんやそれ!
IMG_0902

ガイドツアーがあったり、マップが配布されていたりとメルボルンをあげてストリートアートを応援しているのが分かりますね。

ストリートアート
住所:いたるところにあり
メモ:ストリートアートのマップあり。こちらからダウンロードできます。
 メルボルンストリートアートマップ
参考http://www.thatsmelbourne.com.au/Placestogo/PublicArt/Pages/StreetArt.aspx 

もっと早く行っておけば良かったなと後悔してます。ぜったいもっかい行くぞ、メルボルン。あと電車の中でハンバーガー食べたり不思議なレイアウトなカフェにも行きましたのでそれはまた次回に。

ではまた!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

まだ日本で消耗してるの?海外に出てのびのび自由に生活しません?

ワーホリ後も安心!帰国してからはこれを使えばうまくいく!

旅行のお供にいかがですか?GoPro記事まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です