sponsored link

記事を読む所要時間を自動で表示してくれるWordPressプラグイン「estimated」

どうも!アットホームギーク(@drying)です!

よくブログやウェブサイトで見る「この記事の所要時間」ってやつ。
これを当ブログでも導入してみたいなと思いググってみるとプラグインを使えば簡単に設置できるってことが分かりました。

HTMLは?CSSは?なにそれ?みたいな僕でも簡単にできちゃいました。

sponsored link

WordPressプラグイン「estimated」のインストール方法

このプラグインはWordpressに公開されていないので管理画面より検索してみたいな通常方法ではインストールできません。

なのでまずは作者のsmknさんのブログITキヨスクよりプラグインファイルをダウンロードしましょう。

WordPressプラグイン「estimated」のダウンロードはこちらから
記事を読む所要時間を表示させるWordPress用プラグイン「estimated」作ってみました。

ダウンロードしたzipファイルをWordpress管理画面よりプラグイン>新規追加
160321-1

「プラグインのアップロード」より先ほどダウンロードしたプラグインファイルをアップロードします。
160321-2

プラグインをアップロードしたら有効化すれば反映されます。
160321-5

めんどうな設定も一切ないのでWordpress初心者でもカンタンにできるカスタマイズですね。

勉強のために初めて作ったプラグインがハンパなくすごい!

今回紹介したWordpressプラグイン「estimated」の作者smknさんですが「たった一行追加するだけでサイトの滞在時間を13.8%伸ばす方法・・・ 」| を読んで勉強も兼ねて初めてプラグインを自作したそうです。すごい!

そのほかにもTwitterのエゴサーチ結果をWordpressダッシュボードに表示するプラグイン「WP egosearch」だったりA8.netの広告バナーを管理するプラグイン「WP A8 Manager」などブロガー必見のプラグインをいろいろ作成しています。

興味がある方は一度覗いてみてはいかがでしょうか。
ITキヲスク

個人的にはエゴサーチの結果は常に見てニヤニヤしたいタイプです。

何も分からずただ始めたWordpressですが便利なプラグインがいろいろあり初心者でも安心してブログを始めることができますね!

ちなみに僕は初めてのサーバーにロリポップ!を選びました。

1番安いプランだと月額100円~使えますし初心者には少し面倒なWordpressのインストールも「簡単インストール機能」を使えば手間なく始めることができますよ。

またよく3ヶ月無料キャンペーンとかやってるんでタイミングが合えば費用もかなり抑えられるのもオススメポイントの1つですよね。とりあえず自分のサーバーを持ちたいと思われている方にオススメのレンタルサーバーですね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で