sponsored link

先週(2/26-3/5)に世界で起きた素晴らしい出来事

どうも!athomegeekです!

さあ今週も始まりました!
週の初めは、世界で起こった素晴らしい出来事を見て、
暖かい気持ちになりませんか?

今回も、バンクーバーの様々な情報を伝えるウェブメディアVancity Buzzから
世界で起こった素晴らしい出来事の記事を意訳していきたいと思います。

元の記事はこちら:9 good things that happened around the world this week

 

February 26 to March 5, 2015

1. Parents get tattoo of daughter’s birthmark
2. Elephant gets new leg after stepping on a land mine
3. Ontario man wins lottery and plans to give it all away
4. Husband, 108, and wife, 105, celebrate 82 years of marriage
5. 91-year-old woman hired as tech designer in Silicon Valley
6. NHL player traded closer to home after daughter writes heartwarming letter
7. For the first time in 100 years, baby tortoises born on Galapagos Islands
8. Man proposes to girlfriend with worldwide scavenger hunt
9. Stranger buys a wedding dress for a bride-to- be

 

この中から、私が気になったのはこちらです。

1. Parents get tattoo of daughter’s birthmark

(意訳)

ハニーレイ・フィリップスは、足から背中にかけて大きなアザがある状態で生まれました。
彼女が18ヶ月になったとき、彼女のあざは特別で唯一だとみせる為に、彼らはそれにマッチした色のついたバラのタトゥーを足に入れました。
そのタトゥーが完成する迄2時間かかりました。彼女の母親のタニヤは、「とても痛い」とリポーターに話しました。
しかし、それはすべて彼らの娘が自分自身を心地よくする為なのです。
「多くの人々はあざがないけど、私たちにとっては本当に、本当に唯一無二です。私たちはそれを愛しています。そして、私たちはそれが愛だと彼女に教えるでしょう。」とフィリップは言いました。

英文は、こちら

Honey-Rae Phillips was born with an unusually large birthmark stretching from her foot to her lower back. The 18-month-old’s parents decided that they wanted to show their daughter that her birthmark was special and unique so they got matching tattoos of the rose coloured mark on their legs. The tattoo took two hours to complete and Honey-Rae’s mother, Tanya, told reporters it “really hurt,” but it was all to make their daughter feel comfortable with herself. “There’s not many people with that birthmark, so to us it is really, really unique. We love it and we are going to teach her to love it,” Phillips said.

 

いやーいい話ですね。
生まれつき普通の人とどこかが違うけど、それは特別なんだよ、君しか持っていないんだよ。
って教えれるこのご両親は凄いですね。
それもそれを証明する為に、タトゥーまで入れるっていう。
愛ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で